英国で伝統のソーセージ投げ競争、15世紀のバラ戦争に由来

Pocket

[ラムズボトム(英国) 11日 ロイター]英国北部のラムズボトムで10日、ブタの血を固めてつくるソーセージ「ブラックプディング」を、粉で作った「ヨークシャープディング」めがけて投げ、台座から落とす数を競う「世界ブラックプディング投げ選手権」が行われ、ウルバーハンプトンから出場したニック・ペンネルさん(45)が優勝した。

このイベントは100年以上の伝統を持ち、由来は15世紀のバラ戦争に遡る。伝説では、弾薬が尽きたため兵士たちがブラックプディングとヨークシャープディングを投げ合って戦ったとされている。

ペンネルさんは「優勝トロフィーを勝ち取った嬉しさを表す言葉もない」と喜びを語った。
http://jp.reuters.com/article/china-results-idJPKCN1BP027

英語では『Black Pudding throwing World Championships 2017』というみたいですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です