ダーツはフォームじゃない

Pocket

日本人だとまず上手くなろうと思った時にプロの試合とかハウトゥみたいな動画を見たりすると思うんです。
そして上手い人のフォームを真似をして、上手くなろうと思うんです。
レーティング4(初心者ランク)の僕ですけど、日本人ってフォーム気にしすぎじゃね?と思います。
僕は幼い頃に野球とバスケをやっていたんですけど、父親にすごいフォームの指摘を受けました。
そしてそのフォームにすると下手な物が更に下手になる事に不満を感じ、その様子を見て父親が「なんでできないんだ!」と怒られるみたいなことを繰り返していました。

なんで日本人ってフォームばっかり気にするんですかね?
人の体なんて十人十色、千差万別じゃないですか。
身長、体重、骨格、足の長さ、腕の長さ全部違うのに、人の真似する意味ってあるんですかね?
変に無理をして体が壊れる方がヤバくないですか?
僕がアメリカにいた時にバスケとアメフトをやっていましたが、コーチにフォームの指摘なんて受けたことはなかったです。
それよりも相手がいないところを見つけて潜り込めとか、味方のサポートができるように相手をブロックしろ、とかしか教わった覚えしかないです。

フォームを正確さ、綺麗さを競う競技ならそれでもいいと思うんです。
でもダーツ含め、野球もバスケもそうじゃないじゃないですか。
点数を入れた物が正義だし、強いなら自分が投げやすいフォームで投げて、極めていけばいいんじゃないですかね?

というわけで、長々と書きましたが、好きなように投げて楽しみながら上手くなりましょう!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください